こどもめも

子育・妊娠・出産・保活・保育園に預けて働きながらの育児を漫画にしました。東京在住。

カテゴリーをチェック

母親でも出産しても実感はないぞ!Lv.1でもやるしかない!使命感だけで最初は育児する

更新日:2019/05/05

スポンサーリンク

父親は自分が産むわけではないから実感がわかないといいます。

私も私も!

確かに妊娠もして陣痛の痛みもあったけど。



確かに自分のマタから出てきて、置かれたその子をみたんですけど、なんせ初対面でして…

誰…? って思いましたね。

ガッツ石松に似ているし。夫には似ている。
夫とガッツ石松の子がおる…。

手足生えてるし、顔のパーツもあるし、お腹の中でこんな作り上げたなんて、生物ってすごいって思いました。
指なんか細いけどちゃんと爪もあるのね…。
子宮の中で、人間似なるんだ、本当に! と思いました。

可愛い赤ちゃんに出会った感動は、とくになかったですね…。

いくらお腹の中で動いていても、顔は見えないんですもん。
出てきたら、初対面です。

これ現実なのか

実感がなくてもやらねばならぬ、Lv.1でも

うん、まぁ、確かに私が産んだようだし、育てるけど…育てるんだよね?
と思いつつも、血はドバドバでるし、座るのも辛いし、
赤ちゃんは泣くし、病院では授乳や沐浴を教わるし、
夫や母が訪ねてきたり、ミルクの説明を受けたりするし、
名前きめたり、色々と書類書いたりでてくるし、
現実感はなくても、もくもくと1日1日を進めました。
いやほかに選択肢もないし。

Lv.1感半端ないですけどねぇ。

なーんにもわかりませんよ。
わかることなど1つもないよ。
だって本に描いてあることも、本当かどうかわからないんだもの。
信じながら、試しながら、死なないようにやっていくしかない。
母親が最初からできることってなにもないんですよね。

おっぱいを近づけたら、息子が強く吸い付いてきました。
なにも教えていないのに、ちゃんと吸っているのがわかりました。
昨日まで子宮の中で、羊水の中で生きていて、こんな空気の中で生きていなかったのに。
どうして君はそんなにやり方を知っているのか? と思いました。
赤ちゃんの方が、よほどいろいろ知っているようでした。
まったく母乳がでなくて、可哀想で、ごめんね、君はこんなに一生懸命で、吸うのも上手なのにね、と思いました。

毎日こうかな? 違うかな? と考えながら、少しずつわかった、ような気がしているだけでした。
息子のことがわかっているのかどうかもわからない。
なんとなく「間違ってはいない」ようだからいいかと思っていました。

ふにゃふにゃで今にも壊れそうな、でも人間に間違いない赤ちゃんを目の前にして「やらねば」以外の選択肢などありませんもの。
だって「やらない」は「死ぬ」ってことでしょう?
それくらいは、わかる。

愛情が特別なくても「やらねば」とは思うので(ホルモンなんかでてる?)、とにかく死なせちゃいけない、と思って、いろいろな波に乗っているだけでした。
可愛いとは思わないけど、放棄したいとは思わなかったので。

私がやっと子供を育てている、心から可愛い、と思えるまで、1年かかりました。
0才のときは全部がよくわからなくて、可愛いかどうかはよくわかりませんでした。

時々、あっ可愛い! と思う瞬間を写真で撮影できることもありましたが、客観的に可愛い赤ちゃんなのか、我が子だから可愛いのかはわかりませんでした。

親になるのも時間がかかりましたね。
父親もそんな感じなのかなとは思います。
スイッチがすぐに入るわけではないよね。私はそうでした。

それにスイッチが入る入らないは関係ない。目の前に赤ちゃんがいるんだもの、育てなければならない。
誰かが育ててくれるわけではない。
すべては使命感、でしょうか。

でも今は息子は世界一可愛いから、母親とか父親とか関係ないと思いますね。

ほかのお母さんは生まれた瞬間から愛情を感じるのかな。
第二子以降ならあるんだろうけど…。

○○ちゃんママと呼ばれる日々

保育園いくとお互いの下の名前などわかりませんし、先生は下の名前で呼びますし、お互いわかるのは子供の名前。
「○○ちゃんママ」と呼ばれるけども、最初は、そうか、そう呼ばれるようになったのか…と思いますが、なんとなく慣れない。

ふとした瞬間に我に帰る

保護者の集まりとかにでていると「あれ私なぜこんなところに…?」とふと思うことがあります。
自分が親になったことが、不思議でならない…。

多分、そのうち「私小学校の入学式とかでてるしwww」と思ったりするんだろうな…

スポンサーリンク

Copyright (C) moko Corporation. All Rights Reserved.