こどもめも

子育・妊娠・出産・保活・保育園に預けて働きながらの育児を漫画にしました。東京在住。

カテゴリーをチェック

【1回目】不妊外来に通いはじめた

更新日:2018/09/01

スポンサーリンク

不妊外来に通いはじめました

といても2回目です。

息子も、通院して授かりました。(そのことは書こうとしてまだ書いていないけども…)

息子のときはメモを残さなかったので、今回は忘れず書き記しておこうと思います。

ですが、2人目を本当に求めて良いのか心がまだ揺れているので、通院し続けられるのか、そして記事を書き続けるのかはわかりません。

↑生まれたばかりの息子

今回目2人目の、通院、第一回目。

息子の時お世話になったクリニックは、先生がとてもよかったのですが、近所に不妊を扱う婦人科クリニックができたので、そこへ行くことになりました。
不妊は仕事をしていると、通院が課題です。
そこを少しでも軽くしたくて。

夫と息子と、まずは訪れました。

新しいのもあり、住宅街なのもあり(前のクリニックは大きな駅前だったので激混み…)空いていて、通院も前よりは楽そうです。

先生は印象が悪かったら前のところに行こうと思いましたが、普通でした笑

人工授精までは行っていないと説明を受けましたが、そこまではしないと決めているので、かまわない、と答えました。

まずは子宮を検査 そして費用は

  • 細胞採取での検査
  • 超音波検査
  • クラミジア検査

やはり検査が。いつになっても婦人科の検査は良いものではありませんが、仕方がありません。

婦人科は毎年受診していますが、今回も正常。

負担額は、診察料や検査、病理診断などで 4,830円。

そうだ、これからはお金もかかるんだ、と思い出しました。

再びPCO(多嚢胞性卵巣症候群)

20代から卵巣に粒々があることは知っていて、息子の時は治療できれいになりましたが、
やはりまた古い卵子がたまっているようです。

体質でしょうか。

幸い一度きれいになった経歴があるので、また大丈夫だと軽く考えていますが、どうなることか。

クロミッド錠を処方

排卵を誘発するクロミッド錠をもらいました。前回も飲んだ気がするけど、4年前で記憶があやふや…。

薬代は590円。

不妊外来の通院と仕事の両立

息子を授かるときに通院したクリニックは、定時ダッシュで間に合う診察時間でしたが、通うことにしたクリニックは18時でしまってしまうので、それができません。

通院するには仕事を休まねばなりません。

通院して出社か、早退して通院か。

不妊は急に明日、2日後、行かなければならないので、仕事しているとなかなか難しいですよね。
土曜日の午前は営業(?)しているのですが、そううまくいくわけではありません。

また仕事の有給を調整するのか…仕方がないです。
仕事休めない人は、不妊治療は本当に難しいだろうと思います。

なんとか頑張ります。

次は卵子の様子を見に行きます

次は生理がきて、薬を飲んで、卵子の状態を見てもらうために病院です。

さて、どうなることか…。

スポンサーリンク

Copyright (C) moko Corporation. All Rights Reserved.