こどもめも

子育・妊娠・出産・保活・保育園に預けて働きながらの育児を漫画にしました。東京在住。

カテゴリーをチェック

子どもの手足口病の経過レポート

更新日:2017/08/21

スポンサーリンク

息子、ついに手足口病になりました。
今後のためにメモを残しておこうと思います。

-2日目(土)、-1日目(日)

思えば、おちんちんをごしごししてました。
きっとかゆかったんだと思います。
元気で熱はなし。

1日目(月)

朝からぼんやり。ただ眠いだけだと思い(たまにある)保育園へ。
もともと朝はあまり食べない(全然食べないことも多い)ので、食べないこともそんなに気にしていませんでした。

10時頃38度の熱がでて発疹がでていると保育園から連絡。
しばらく出社できなくなると思い仕事を引き継ぎ、お迎え、病院へ。

病院へ着いたころは37度台まで熱は下がっていました。

思った通り手足口病。
発疹はよくわからないが足先になんとなくある程度でした。
とくに目立ったのはおちんちん。そういえばごしごししていたのを思い出す。

熱が下がったら登園もOKとお医者さんから。

処方された薬はアボコート軟膏、1日2回まで。
皮膚の炎症用。

大人に感染ると大変とのことで、知り合い・Twitterでたくさん教えてもらいました。

  • 食べ残しは食べない
  • オムツ交換したらとにかく手を洗う
  • よく寝て食べて免疫をつける
  • よだれからもまずいのでマスク

徹底しました! オムツ変え、とくにうんちのときの消毒する用は買いました。
ありがとうございます。

2日目(火)

夫が仕事休んで看護。

熱はほぼなし。でも調子は悪そう。

発疹がひどい。胸以外に広がり、とくにひどいのは下半身。
お尻から腰、おちんちん周り、そして膝。
もらった薬も塗るところが多く、どんどんなくなる。3本もらいましたが最終的には1本の半分ほどで終わり、丁度良い量でした。

薬を一生懸命塗ってとにかく休む。
食欲はいつもどうりでしたが、喉にもできているようで、「痛い痛い」と泣く。

大好きな牛乳を飲んでは「にゅにゅ痛い」といって泣く姿が辛いです。

3日目(水)

私が仕事休んでお休み。熱はなし。様子は元気。

つぶしたかぼちゃ、豆腐は食べました。

発疹は落ち着いた様子。ピークは2日目でしたね。

たまたまお盆で明日よりかかりつけ小児科がお休みだったため、病院へ。
あとは治るだけのよう。

また塗り薬を処方される。ヘパリン類似物質クリーム0.3%「日医工」。
これは1日何度塗っても良いとのこと。
最初にもらった薬は1日2回なので、それ以外のときに塗ることに。

あとはパン、パスタ、うどんを食べる、
牛乳もごくごく。もう口の中は痛くない様子。
急に痛がらなくなってびっくり。

4日目(木)

お盆前なので半休で出社。

発疹はカサカサしはじめる。

熱なし、元気。

5日目(金)

お休み。発疹がもっとカサカサになる

6日目(土)

発疹が消えていく…

7日目(日)

発疹がほぼかさぶたに。黒いぽつぽつになる

8日目(月)

お風呂に入るとかさぶたもかなり消える
ひどかったお尻もきれいに。

9日目(水)

発疹は数えるくらいに。

こんな写真のような感じです。
かさぶたが点々になってます。

10日目(木)

前の日の点々も、お風呂に入って消えました。

11日目(金)

ひどかった腰もわからないくらいきれいになりました。

写真がぼやけてひどいのですが、ひどかった膝。
ぽつぽつあるのは痕ですが、ただちょっと赤いくらい。

12日目(土)

ひどかった膝ですが、赤みがなくなり肌色に。
あった場所の周りが少し皮がむけているくらいまできれいに。

13日目(日)

膝もきれいになりました。

まとめ

1週間でかなりきれいに、完全に綺麗になるまで2週間程度といったところでしょうか。
びっくりしましたが、なんとか乗り越えられました。
幸いにもとびひにもならず、親にもうつりませんでしたが、身近なものなのでまた気をつけたいと思います。
熱が異様に高かったりすると別のものの可能性も大きいようで、様子は注意深くみなきゃ!

スポンサーリンク

Copyright (C) moko Corporation. All Rights Reserved.